町政 行政運営・施策ふるさと納税・寄付

与謝野町ふるさと納税

最終更新2022年01月17日(月) 08時30分
この記事を共有する facebook twitter LINE
目次
与謝野町ふるさと納税(寄附)申し込み【随時受付中】

与謝野町ふるさと納税(寄附)申し込み【随時受付中】

与謝野町ふるさと納税について

ふるさと納税(寄附)とは

「ふるさとを応援したい」「ふるさとに貢献したい」と思う納税者が、出身地などの地方公共団体に寄付することで地方を応援する仕組みです。地方公共団体に2,000円を超える寄付を行った場合に、2,000円を超える金額が、所得税と今お住まいの自治体の個人住民税から控除されます。
(注)税控除を受けるためには、最寄の税務署または住所地の市区町村への申告が必要です。また、控除対象となる上限額は個々人により異なります。控除を受けることができる目安額については、下記の関連リンク「控除額計算表(ふるさとチョイス)」などをご利用いただきご確認をお願いします。

寄附金の活用方法

皆様からいただきました寄附金につきましては、皆様のご厚意にお応えするため、与謝野町が目指す未来像「人・自然・伝統 与謝野で織りなす 新たな未来」の実現に大切に使わせていただきます。
具体的には、次に掲げる8つの事業に活用させていただきます。

(1)個性を活かし安心して働けるまちづくり事業

  • チャレンジできる担い手、魅力ある働く場の創出
  • 農業・織物業・商工業の振興
  • 情報ネットワークを通じたビジネス環境の整備 など

(2)人の流れを生むまちづくり事業

  • 魅力の認識、魅力を体験・体感できるコンテンツの開発
  • 交流人口増加体制の強化
  • まちの魅力・人の魅力が生み出す与謝野町ならではの「移住・定住」の促進 など

(3)自分らしく幸せに生きるまちづくり事業

  • 健康・福祉を支える人財の育成と確保
  • 心のよりどころの充実、元気な心と体づくりの推進
  • 誰もが自分らしさと生きがいをもって共生できるまちの推進 など

(4)笑顔を未来に紡ぐまちづくり事業

  • 新たな命の誕生、親子の笑顔の暮らしを応援 
  • 地域ぐるみの子育て力の向上
  • 親と子の学び・育ちの場づくり など

(5)魅力ある教育で活力を育むまちづくり事業

  • 一人ひとりを大切にする環境の整備と学ぶ意欲と確かな学力の育成
  • 生涯学習社会の実現と人権教育の推進
  • 生涯スポーツ社会の実現と文化財の継承と発展 など

(6)美しく住みやすい安心安全なまちづくり事業

  • 自然環境保全と災害に強い安心・安全なまちづくり
  • 安心・安全に暮らせ、誰もが住みやすいと感じられる生活環境の構築
  • 資源の有効活用で持続可能なまちの構築 など

(7)住民が主人公となるまちづくり事業

  • 地域人財の育成と協働のまちづくり
  • みんなが互いに認め合い助け合うまちづくり
  • 見える、聞こえる、言えるまちづくり など

(8)町政全般

  • その他、まちづくりのために町長が特に必要と認めた事業に活用

特定事業指定への寄付

ふるさと"応援"プロジェクト『地域づくり推進事業』

地域が主体となり行うまちおこし事業等に係る事業に寄附金を活用する補助金制度。
※詳しくは以下ファイル「与謝野町ふるさと応援補助金について」をご参照ください。

まちなかまるごとキャンパス"応援"プロジェクト『よさのみらい大学事業』

与謝野町をキャンパスに、新しいモノやコトを発見し、出会いと交流をとおして、主体的に行動する人財を育成する事業に寄附金を活用します。

大江山活用・保全"応援"プロジェクト『スポーツイベント運営支援事業』

よさの大江山登山マラソン開催のほか、大江山の冬季活用や自然環境保全など、地域資源をとおした関係構築に係る事業に寄附金を活用します。

与謝野ホップ"応援"プロジェクト『特色ある農業推進事業』

与謝野ホップ促進に係る、地域特性を活かした新商品開発、販路開拓など、地域農産物の高付加価値化の事業に寄附金を活用します。

ワンストップ特例制度

ふるさと納税による寄付をいただく場合、ワンストップ特例制度をご利用いただけます。
ワンストップ特例制度は、寄附者が確定申告をしない給与所得者等である場合、寄付を受けた自治体が寄附者に代わって、寄附者の個人住民税課税自治体に控除申告を行う制度です。
ワンストップ特例制度をご希望の場合は、寄附申込書とは別に所定の申請書(第五十五条の五様式)を与謝野町に提出していただく必要があります。
※ ワンストップ特例制度は、確定申告をする必要がある方はご利用いただけません
※ ワンストップ特例制度を利用する場合、通常の所得税の控除部分は個人住民税からまとめて控除されることになります
※ 寄付団体が5つを越える場合は確定申告が必須になります
※ ワンストップ特例制度にかかる申請書受領について、当町では以下の3期に分けて確認業務をおこないます

1~4月の寄付 5月に申請書類と寄附者情報などの確認
5~8月の寄付 9月に申請書類と寄附者情報などの確認
9~12月の寄付 1月下旬までに申請書類と寄附者情報などを確認し、ワンストップ特例制度申請者宛に受領通知と居住自治体連携済通知を合わせて発送します

与謝野町ふるさと納税特典(返礼品)

1万円以上ふるさと納税によるご寄付をいただいた方に、与謝野町の特産品をお贈りします。
詳しくは「与謝野町ふるさと納税特典カタログ」または「ふるさと納税ポータルサイト」をご覧ください。
※長期不在などで特典未受領による特典の返送があった場合、特典を再度送付することはできません。確実にお受け取りいただくようお願いします。
※与謝野町にお住まいの方からのご寄付の場合は、特典をお贈りすることができません。

ふるさと納税寄附金受領証明書

ふるさと納税によるご寄付をいただい方には、確定申告に必要な寄附金受領証明書を発行し郵送しております。発行されるタイミングおよび証明書様式は、寄附受付方法(各ポータルサイト)により異なります。
寄付申し込み後に、寄附金受領証明書が届かないなど、ご不明な点はお問い合わせください。

振り込め詐欺等にご注意ください

ふるさと納税をかたった寄附金の強要や詐欺には十分ご注意ください。
当町へのふるさと納税寄付申込方法は、本サイト添付の申込書による町への直接申し込み以外に、関連リンクに記載のふるさと納税ポータルサイトからの申し込みのみとなっています。(2020年4月現在)
※ポータルサイトからの寄付申し込みでは、寄附金受領証明書などの各種書類はポータルサイト運営業者及び提携委託業者より送付されます。
※「高島屋ふるさと納税」および「ふるぽ」は、申込時にふるさとチョイスのページに遷移します

ふるさと納税を通して全国へ魅力的な産品をPRしてみませんか?

与謝野町では、ふるさと納税制度の寄附お礼として特産品などをお贈りしています。魅力あふれる自慢の品やサービスをPRしたいと検討されている町内事業者様は、企画財政課までお問い合わせください。

Adobe Acrobat Reader

PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。
同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに関するお問い合わせ先

岩滝庁舎企画財政課
業務時間午前8時30分~午後5時15分
休日土、日、祝日 年末年始(12月29日~1月3日)
〒 629-2292京都府与謝郡与謝野町字岩滝1798番地1 本庁舎2階
電話番号:0772-43-9015
FAX番号:0772-46-2851
このページの先頭へ
SOCIAL MEDIA