しごと・産業 農業・林業農業
しごと・産業イメージ画像

「火入れ」には許可が必要です

最終更新2017年04月05日(水) 09時24分
この記事を共有する facebook twitter LINE

「火入れ」を行う場合には、許可が必要です。

・火入れ
 「火入れ」とは、森林又は森林に接近している周囲1キロメートルの範囲内にある原野、田畑、荒廃地その他の土地で、その土地にある立木竹、雑草、堆積物等を面的に焼却する行為のことをいいます。「火入れ」を行う場合には、許可が必要です。

・火入れが許可できる場合
火入れが許可できるのは、次の場合に限ります。
 (1) 造林のための地ごしらえ
 (2) 開墾準備
 (3) 害虫駆除
 (4) 焼畑
 (5) 採草地の改良
 ※宅地造成やゴルフ場造成等のための火入れは、許可できません。
 森林法第21条をご参照ください。

・許可申請の方法
 火入れ許可を受けようとする人は、火入れを行おうとする期間の開始する日の10日前までに、火入許可申請書2通に、次の書類を添えて町長に提出してください。
 (1) 火入れを行おうとする土地及びその周囲の現況並びに防火の設備の位置を示す見取図
 (2) 火入れを行おうとする土地が、申請者以外の者が所有し又は管理する土地であるときは、その所有者又は管理者の承諾書
 (3) 申請者が請負(委託)契約に基づき火入れを行おうとする者である場合には、請負(委託) 契約書の写し
火入許可申請書等は、下記からダウンロードしてご使用ください。

・与謝野町火入れに関する条例 (別添ファイル)
・火入許可申請書 (別添ファイル)
・火入れ計画書(別添ファイル)
・一時使用届(別添ファイル)(申請者→丹後土木事務所宛て) 
・火災とまぎらわしい煙または火災を発するおそれのある行為の届出書(別添ファイル)
・火入れ注意事項(別添ファイル)





・火入れを行う場合に必ず必要なこと
許可を受けて火入れを行う場合でも、次に掲げる項目は必ず行っていただくことが必要です。
 (1) あらかじめ必要な防火の設備をすること。
 (2) 火入れをしようとする森林等の周囲1キロメートルの範囲内にある立木竹の所有者又は管理者に火入れを行う旨を通知すること。
 森林法第22条をご参照ください。

・火入れの中止等
 ◎火入れの許可の期間中であっても、次のような状況となった場合は、火入れを行わないでください。
  (1) 強風注意報又は乾燥注意報が発表された場合
  (2) 火災警報が発令された場合
 ◎火入れ中に次のような状況となった場合には、速やかに消火してください。
  (1) 風勢等によって他に延焼するおそれがあると認められる場合
  (2) 強風注意報又は乾燥注意報が発表された場合
  (3) 火災警報が発令された場合


・刈り取った草等を一箇所に山積みにして焼却(寄せ焼き)を行う場合は、法や条例でいう「火入れ」には該当しないため、「火入れ許可の申請は不要」です。
 ただし、火災とまぎらわしい煙又は火炎を発するおそれのある行為に該当する可能性があることから、寄せ焼きを行う場合であっても、消防署長へ届出が必要となることがあります。
 詳しくは、宮津与謝消防組合消防本部・宮津与謝消防署(電話:46-6119)又は 宮津与謝消防署 加悦谷分署(電話:46-1195)へお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ先

加悦庁舎農林課
業務時間午前8時30分~午後5時15分
休日土、日、祝日 年末年始(12月29日~1月3日)
〒 629-2498京都府与謝郡与謝野町字加悦433番地 加悦庁舎2階
電話番号:0772-43-9023
FAX番号:0772-42-0528

しごと・産業のカテゴリ

このページの先頭へ
SOCIAL MEDIA