子育て・教育 児童福祉・ひとり親福祉助成・支援

各種手当

最終更新2022年05月31日(火) 08時30分
この記事を共有する facebook twitter LINE

児童手当

対象者

中学卒業(15歳に達した日以降の最初の3月31日)までの児童を養育している方

所得制限

以下のファイル「児童手当・特例給付所得制限限度額表」のとおり。

支給額(月額)

  • 3歳未満の児童】一律15,000円
  • 3歳以上小学校修了前の児童】
     第1子・第2子 10,000円
     第3子以降 15,000円
     中学生 一律10,000円
     ※児童を養育している方の所得が、上記のファイル「児童手当・特例給付所得制限限度額表」の①児童手当所得制限限度額以上で、②特例給付所得制限限度額未満の場合は、特例給付として月額一律5,000円を支給します。

支給時期

原則として、6月、10月、2月にそれぞれの前月分までを支給します。
※受給されるためには認定請求などの提出が必要です。ただし、所得制限などがあります
※転入された方で前住所地で手当を受給されていた場合でも、新たに請求していただく必要があります

児童扶養手当

対象者

父親又は母親がいない家庭、父親又は母親が一定の障害にある家庭、父親又は母親が裁判所からのDV保護命令(※1)を受けた家庭などで、18歳に達する日以後最初の3月31日までの児童(中程度以上の障害がある場合は、20歳未満の児童)を監護または養育している方
※1児童扶養手当法の一部改正により、平成22年8月1日から父子家庭も対象となり、また、平成24年8月1日からは配偶者からの暴力(DV)で「裁判所からの保護命令」を出された場合も対象となりました。

支給額(月額)

受給資格者(ひとり親家庭の母や父など)が監護・養育する子どもの数や、受給資格者の所得等により決められます。

児童1人のとき(参考:2019年4月からの支給額)

  • 全部支給される方 42,910円
  • 一部支給される方 42,900~10,120円の間で細かく設定されています。

児童2人のとき(参考:2019年4月からの支給額)

  • 全部支給される方 53,050円
  • 一部支給される方 53,030円~15,190円

児童3人以上のとき(第3子以降1人につき下記の額を加算)

(参考:2019年4月からの支給額)

  • 全部支給される方 6,080円加算
  • 一部支給される方 6,070円~3,040円の範囲額が加算
    ※物価の変動等により変更される場合があります
    ※所得制限があります

制度改正内容等

2018年8月分から支給制限に関する所得の算定方法が変わりました。

  • 「全部支給」の対象となる方の所得限度額が引き上げられました。
  • 控除の適用が拡大されました。
     未婚のひとり親が扶養義務者となる場合「みなし寡婦控除」の適用
     土地収用で土地を譲渡した場合の売却益等について、総所得金額等合計額から控除
     2019年11月分から支払回数が見直されます。
  • 4ヵ月分ずつ年3回支払いから2ヵ月分ずつ年6回奇数月に支払い

特別児童扶養手当

対象者

精神または身体に中程度以上障害のある20歳未満の児童を家庭で看護または養育している父母等

支給額(参考:2019年4月からの支給額)

  • 1級 月額52,200円
  • 2級 月額34,770円
    ※物価の変動等により変更される場合があります

その他

所得制限あり

Adobe Acrobat Reader

PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。
同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに関するお問い合わせ先

加悦庁舎子育て応援課
業務時間午前8時30分~午後5時15分
休日土、日、祝日 年末年始(12月29日~1月3日)
〒 629-2498京都府与謝郡与謝野町字加悦433番地 加悦庁舎2階
電話番号:0772-43-9024
FAX番号:0772-42-0528
このページの先頭へ
SOCIAL MEDIA