くらし・手続き 安心安全警報・災害
くらし・手続きイメージ画像

緊急地震速報を聞いた時の心得

最終更新2013年05月31日(金) 15時45分
この記事を共有する facebook twitter LINE

緊急地震速報(地震により予想される震度が5弱を越えた時に発表)は、地震が発生してから強い揺れが襲来するまでのごく短い時間を利用して、地震による被害を軽減しようとする情報です。そのため、建物の中から屋外へ避難するようなことは極めて困難です。緊急地震速報を受信した時(又は、大きな揺れを感じた場合)は、『周囲の状況に応じて、あわてずに、まず身の安全を確保する』ように心がけましょう。

緊急地震速報はどうやって聞くの?
1防災行政無線から報知音とともに伝えられます
2FM告知放送により端末機から報知音とともに伝えられます
3テレビ・ラジオの視聴中であれば、報知音とともに放送されます
4携帯電話・スマートフォンから報知音とともに伝えられます


どのような行動をとれば良いの?
家庭では
 ・頭を保護し、じょうぶな机の下など安全な場所に避難する
 ・あわてて外へ飛び出さない
 ・その場で火を消せる場合は火の始末、火元から離れている場合は無理して消火しない

鉄道・バスでは
 ・つり革、手すりにしっかりつかまる

エレベーターでは
 ・最寄りの階に停止させ、すぐにおりる

屋外(街)では
 ・ブロック塀の倒壊に注意する。
 ・看板や割れたガラスの落下に注意する。

自動車運転中では
 ・急ブレーキはかけず、ゆるやかに速度をおとす
 ・ハザードランプを点灯し、まわりの車に注意をうながす

周囲の状況により、具体的な行動は異なります。
日頃から、いざというときの行動を考えておきましょう。

このページに関するお問い合わせ先

岩滝庁舎防災安全課
業務時間午前8時30分~午後5時15分
休日土、日、祝日 年末年始(12月29日~1月3日)
〒 629-2292京都府与謝郡与謝野町字岩滝1798番地1 本庁舎1階
電話番号:0772-43-9011
FAX番号:0772-46-2851
このページの先頭へ
SOCIAL MEDIA